解決事例

高品質かつ低コストな厚膜ペーストの解決事例イメージ

高品質かつ低コストな厚膜ペースト

納期はわずか2ヵ月後。新製品の成功には、高品質かつ低コストな「厚膜ペースト」が不可欠だった。

セラミック基板メーカーZ社 2011年2月

小型化が進む通信用や車載用の制御モジュール。新しい製品が頻繁に市場に投入されるたびに、性能アップとコストダウンへの対応が求められています。

課題 PROBLEM取引業者、インターネット…低コストかつ高品質な「厚膜ペースト」を探す日々

試行錯誤のイメージ

取引先である制御モジュールメーカーから、新製品に使用するセラミック配線基板の製作を依頼されたZ社。 依頼の条件は、これまで以上の短納期かつ低コスト。さらに、3ヵ月後に新製品をリリースしたいとのことで、Z社に与えられた期間は2ヶ月もありませんでした。この厳しい条件の中、Z社の設計部門は現在使用している素材を使って試作品を製作してみるものの、求められる性能を考えるとコストの削減は限界でした。試行錯誤を繰り返すうちに、配線材料となる厚膜ペーストを見直す案が挙がってきました。

品質面を考慮しなければ低コストの厚膜ペーストはあるのですが、そんなことでは、制御モジュールメーカーとの信頼関係を崩すことになり、新製品の失敗も目に見えていました。そこで、担当者は、条件に見合う低コストの厚膜ペーストを探すことにしました。まず、これまでの取引業者に相談してみましたが、なかなか条件を満たす厚膜ペーストは見つかりませんでした。さらに同業の知り合いやインターネットで情報を集めましたが、Z社の条件に合うものはありませんでした。
「このままでは、納期に間に合わないかもしれない・・・」そんな不安が頭をよぎり、担当者が途方に暮れていたところに、1通のメールが届きました。

解決 SOLUTION豊富なラインナップとノウハウで、取引先からのすべてのニーズに対応

そのメールは田中貴金属からのものでした。担当者は今まで詳しく知りませんでしたが、田中貴金属は貴金属を主体とした厚膜ペーストを作製・販売しており、これまでの豊富な実績により厚膜ペースト材料のラインナップは充実しているとのこと。貴金属の特性はもちろん、厚膜ペースト材料や配合に関するノウハウが豊富で、Z社の条件に見合った厚膜ペーストを短期間で提案してくれると感じました。
ほどなく田中貴金属からいくつか提案されたものは、豊富なラインナップのなかから条件を満たせそうなもので、粉末から一貫生産しているためコスト面もクリアできる既成の厚膜ペースト製品でした。課題解決に希望が見えてきたものの、Z社の担当者は、実際に焼成したセラミック基板はスペックを満たせるものなのか不安に思い、決定できずにいました。

「工場でサンプルを用いた試験を行うことができるので一度見学に来ませんか?」

製造現場

製造現場

工場見学に訪れると、製造・設計ラインの1/3のスタッフが開発専任であるとのこと。その専門スタッフが、基板サンプルにいくつかの厚膜ペーストを焼成して導電性や耐熱性などの性能や基準を満たしているかテストし、その結果からZ社に最適な厚膜ペーストを見つけてくれました。みごとに条件と合致していることを確認できたZ社の担当者は早速、田中貴金属に厚膜ペーストを注文したのです。

田中貴金属へ依頼したポイント

  • ・豊富な実績による、導体、抵抗体、絶縁体ならびに貴金属粉末のラインナップ
  • ・貴金属粉末からの一貫生産により、低コストを実現
  • ・製造と製品開発が直結した組織により、量産を考慮した製品のカスタマイズが可能
厚膜ペースト

厚膜ペースト

注文の際に田中貴金属の営業担当者は、このように語っていました。「今回は、納期とコスト面の条件が厳しいとのことでしたので既製品をお勧めしましたが、さらに品質の高いものを求めるのであれば、厚膜ペーストのカスタマイズ品も対応できます。」豊富な知識力や開発スタッフの多さは、カスタマイズ品の対応していることによるものでした。今後、新製品開発の際もカスタマイズと既成品を織り交ぜた提案をしてもらえそうだとZ社の担当者は思いました。

田中貴金属による提案により、Z社は2ヶ月という短期間でセラミック配線基板を納品することができました。取引先である制御モジュールメーカーもコストおよび品質面で非常に満足している様子で、新しい製品を戦略通りに市場に投入することができ、売上も好調に伸ばしているとの事です。