揮発性有機化合物(VOC)酸化触媒
VOC = Volatile Organic Compounds

高浄化率/高脱臭率を
小型の高活性触媒にて達成します。

メタルハニカム触媒製品のイメージ

白金、パラジウム等を用いた貴金属触媒を金属ハニカム表面にコーティングさせる事で、VOC 処理等の分野において高性能を発揮できるハニカム触媒を提供いたします。

メタルハニカム触媒

特長

  • ・セラミックハニカム触媒等と比較して、触媒貴金属を担持するウォッシュコート層が薄いため、担持触媒が有
     効に作用
  • ・構造体表面積が同セル数の他構造体と比較して大きい
  • ・メタルハニカム構造体は断面開口率が高いので、処理ガス通過圧力損失を抑制可能
  • ・金属で構成された触媒構造体のため、落下、押込に対する物理的強度が高い
  • ・再生洗浄処理が可能(VOC処理仕様)

揮発性有機化合物(VOC)の触媒酸化

揮発性有機化合物(VOC)の触媒酸化のイメージ
各種触媒構造体の特性比較
種類 メタルハニカム触媒 セラミックハニカム触媒 ペレット触媒
拡大写真 メタルハニカム触媒のイメージ セラミックハニカム触媒のイメージ ペレット触媒のイメージ
基体組成 Fe-Cr-Al SiO2-Al2O3-MgO γ-Al2O3
熱伝導率
充填比重 0.4~0.6 0.6~0.7 0.4~0.8
熱容量
空間速度 30,000~60,000h-1 20,000~40,000h-1 10,000~30,000h-1
圧力損失 5.5 7.1 41.5
機械的強度
耐熱衝撃性

※200℃1Nm/sの空気での測定値。

メタルハニカム触媒の参考サイズと処理量の目安
形状 触媒寸法(mm) 触媒量(mL) 通過ガス流量(L/min)
角型 50×50×50 125 63~125
100×100×50 500 250~500
150×150×50 1125 563~1125
150×150×75 1688 844~1688
丸型 φ56×50 123 62~123
φ84.5×50 280 140~280
φ109×50 467 234~467
φ158.5×50 987 494~987
φ158.5×75 1480 740~1480
φ209×50 1715 858~1715
φ309.5×50 3762 1881~3762

メタルハニカム触媒の浄化特性

メタルハニカム触媒の浄化特性のイメージ

空間速度:1時間に触媒を通過したガス体積÷触媒体積

ヒーター付触媒

ヒーター付き触媒は、ステンレス製配管の中にシースヒーターとメタルハニカム触媒が搭載され、処理ガス排気管に取り付ける事でVOC処理が可能となります。
特に、少流量の処理や配管の上流側に取り付ける事で、配管中のタール堆積防止に役立ちます。

ヒーター付触媒

ヒーター付触媒のイメージ

電熱ヒーター

電熱ヒーターのイメージ
ヒーター付触媒ユニット参考仕様
サイズ ヒーター容量(kW) 触媒量
50A 0.9 処理物質・流量により搭載量を決定
80A 2.0
100A 2.6,4.0
150A 5.0,7.0,9.0
200A 9.0,10.5

この製品・事例に関するご相談はこちらから。 お問合わせは24時間受け付けております。

お問い合わせ/資料請求 (24時間受付)

お電話でのお問い合わせ:03-5222-1301
(平日9:00~17:00、土日祝日定休)