白金系熱電対

確かな基礎技術。
幅広く信頼を得ています。

白金系熱電対の製品イメージ

熱電対とは、2種類の金属線をつなぎ合わせて電気回路にしたもので、接合部分と根元に温度差があると電圧(熱起電力)が発生する現象を利用し、電圧の大きさから温度を割り出すことができる高温用温度計です。白金系熱電対は、1,000℃以上の酸化雰囲気中で使用できるため、鉄鋼や半導体、ガラス製造時などの温度管理に最適です。

特長

・使用済みとなった熱電対を精製し、再度熱電対製品として提供可能

熱電対の種類・組成及び使用温度
記号 組成(+極、-極) 使用温度
R PtRh13%、Pt 常用限度:1,400℃、過熱使用限度:1,600℃
S PtRh10%、Pt 常用限度:1,400℃、過熱使用限度:1,600℃
B PtRh30%、PtRh6% 常用限度:1,500℃、過熱使用限度:1,700℃

※お望みの線径に引き落とし加工いたします

用途

鉄鋼、電気、ガラス、半導体製造、化学等の産業用温度制御センサ

TEMPLAT

R 型熱電対の-極に使われる純白金が高温下で破断しやすい欠点に対し、世界で初めて酸化ジルコニウムを白金中に分散させ、-極側の高温クリープ強度を従来の10倍に高めました。

1,400℃における初期応力とCreep破断

1,400℃における初期応力とCreep破断のイメージその1

初期応力とCreep破断時間

1,400℃における初期応力とCreep破断のイメージその2

TEMPLATを高純度白金や従来の酸化物分散強化材料(GTH)と比較すると、TEMPLATは同じ破断時間でも純白金より数倍から一桁破断応力が向上しています。また、断面組織の比較では、TEMPLATの金属組織はCreep試験後でも変化は認められず、断線の主原因となるBamboo Structure は形成されていません。

※Bamboo Structure
細い線材で結晶粒が粗大化し、結晶粒界が線径を完全に横断するに至った状態
線材を竹に例えると、結晶粒界があたかも竹の節のように見えることからこう呼ばれる

Bamboo Structureのイメージ

現在-極側に採用されている純白金と同じ熱起電力特性を示すので、従来のラインにそのまま置き換えることができます。

※基本線径はφ0.5、精度はClass 2です。
φ0.5未満は最大3mとなります。
異なる素線径並びにClass 1の材料をご要望の方は、別途お問い合わせください。

この製品・事例に関するご相談はこちらから。 お問合わせは24時間受け付けております。

お問い合わせ/資料請求 (24時間受付)

お電話でのお問い合わせ:03-5222-1301
(平日9:00~17:00、土日祝日定休)