ガラス溶解装置用白金材料

苛酷な条件に耐えるガラス溶解装置を、
ご要望の仕様で製作いたします。

高品位ガラス製造に用いられる白金装置用として、酸化物(ZrO2)分散型強化白金をラインアップしました。高温下における装置や部品の変形を低減し、装置寿命伸長に貢献します。白金ロジウム合金、白金金合金の分散強化材も準備しており、ご要望の仕様で製作いたします。

分散強化白金材

特長

  • ・高温クリープ破断強度および高温引張強度が白金に比べ、飛躍的に向上
  • ・従来の白金材料と比較して、大幅な長寿命化を実現
  • ・通常より薄い白金でも同等性能をクリア
  • ・使用地金量の低減により低コスト化を実現

用途

グラスファイバー製造用ブッシング、光学ガラス製造装置、電子部品用ガラス製造装置、薄板ガラス製造装置、クリスタルガラス製造装置 他

結晶組織の断面写真

酸化物分散強化白金
酸化物分散強化白金

通常白金(溶解材)
通常白金(溶解材)

  • ・酸化物分散強化白金の結晶組織のアスペクト比(縦と横の長さの比)は、通常白金(溶解材)に比べて大きいため、クリープ強度が飛躍的に高くなり、少貴金属化が図れます。
  • ・高温化での結晶成長を抑制します。

クリープ強度比較(1400℃)
Creep Rupture Strength of Various Platinum Materials (1400°C)

この製品・事例に関するご相談はこちらから。 お問合わせは24時間受け付けております。

お問い合わせ/資料請求 (24時間受付)

お電話でのお問い合わせ:03-5222-1301
(平日9:00~17:00、土日祝日定休)