Elements Applied Uses of Precious Metals

sns sns mail

半導体の未来を作る貴金属プリカーサ

半導体の技術革新には超微細化を可能にする貴金属を用いたプリカーサ(前駆体)が不可欠です。130年以上の歴史を持つ田中貴金属は、そのネットワークをより実現した豊富な貴金属資源を加工、供給することが可能です。

研究者・開発者

池田 修二 工学博士、IEEEフェロー
ティーイーアイソリューションズ株式会社 代表取締役

原田 了輔 理学博士
田中貴金属工業株式会社 化学材料開発部

SEMICON West 2017現地レポート "The key of to Miniaturization"

北米最大の半導体およびMEMS、ディスプレイ、その他関連産業の国際総合展示会「SEMICON West」。今年度、重要なテーマとして取り上げられ、今後の産業界を担う存在として期待される半導体の微細化に対するルテニウムプリカーサーの可能性に迫る。

研究者・開発者

Matt Watson Director : Business Development
Tanaka America Inc

Peter Beckman Director : Northwestern-Argonne
Institute of Science and Engineering

Lita Shon-roy Presidnt & CEO : Techcet

Veronique Pequignat Director : International Actions & Key Technologies
Grenoble-Isere Aepi

新世代エレクトロニクスの可能性を切り開く革新的なダイレクトパターニングめっき技術

この技術では、真空環境とフォトレジストが不要かつ、100℃以下の低温のプロセスで低抵抗な微細配線を、多種多様な素材に対して直接形成することが可能です。既存の金属配線形成技術では到達し得なかった、新世代エレクトロニクスの新たな領域を切り開くことが期待できます。

研究者・開発者

伊東 正浩 EEJA 事業統括部
研究開発部 ケミカルセクション

車と貴金属

車には、インジェクタやセンサ、メータ、パワーウィンドウ、ドアロック、排ガス浄化用触媒など当グループの材料を利用した製品が数多く使われています。また、水素自動車(FCV)や電気自動車(EV)などの次世代の車にとっても貴金属は欠かせない材料です。

 

 

身体に優しい手術・治療に最適な貴金属の応用と価値

いま医療の現場で最も求められているのは、新しい医療デバイスを開発することです。医療デバイスを開発するための鍵は、「医療分野」と「技術分野」の連携です。私たちは、新しい医療デバイスの素材として貴金属の特性が活かせると考えています。最新の医療デバイスに使わる貴金属素材の開発を進めています。

研究者・開発者

長谷部 光泉 東海大学医学部医学科 教授
東海大学医学部付属八王寺病院 医長
慶応大学理工学部訪問 教授

中西 千博 田中貴金属工業
医療器材推進室長

AuRoFUSE™ による接合技術が実現する未来

熱放散と熱膨張の問題を解決し、既存製品よりも小型化とコスト削減を可能にする、金・金接合用 低温焼成ペースト「AuRoFUSE™」。冷蔵倉庫や自動車のような厳しい環境下で使われるLED照明をはじめ、さまざまな用途への展開が期待されています。

研究者・開発者

小柏 俊典 田中貴金属工業
金属材料開発部

SEMICON West 2016 現地レポート "Future is Flexible"

北米最大の半導体およびMEMS、ディスプレイ、その他関連産業の国際総合展示会「SEMICON West」。今年度、重要なテーマとして取り上げられ、今後の産業界を担う存在として期待されるフレキシブルテクノロジーの可能性に迫る。

研究者・開発者

榎本 貴男 田中貴金属工業
化学材料開発部

Michel Ciesinski President & CEO
FLEXTECH GROUP

J.Devin MacKenzie Professor
UNIVERSITY OF WASHINGTON

Janos Veres Program Manager
PARC

SuPR-NaP法を用いたフレキシブルタッチパネルセンサー

田中貴金属、産総研、東京大学と山形大学の産学官が連携し、わずか0.8µmの超微細配線による透明かつフレキシブルな基板が誕生しました。

研究者・開発者

久保 仁志 田中貴金属工業
化学材料開発部

長谷川 達生 東京大学 大学院工学系研究 教授
AISTフレキシブルエレクトロニクス
研究センター

私たちの生活を進化させる"スマートな繊維"

従来の伝導繊維の概念を超える、新しい方法が生み出されています。銀ナノ粒子を用いたこの技術は私達の生活をもっと豊かなものへと進化させてくれるでしょう。

研究者・開発者

Dr. Taeyoon Lee Professor
YONSEI UNIVERSITY

Dr. Jaehong Lee YONSEI UNIVERSITY

形を変えた金が教えてくれる簡便な診断方法

貴金属である金を体外診断キットに応用することで、疾患などを短時間で簡単に発見することができます。ナノサイズの金に期待される便利な診断方法とそれを可能にする技術とは。

研究者・開発者

岩本 久彦 田中貴金属工業
バイオケミカル開発部

色素増感型太陽電池がつくる未来の発電システム

近年注目が集まる再生可能エネルギー分野で、低コストと高い発電力の実現を期待されているのが、色素増感型太陽電池(DSC)です。従来の太陽電池とは異なる特徴を持つDSC。この新たな技術がもたらす未来はどんなものなのでしょうか。

研究者・開発者

瀬川 浩司 東京大学
先端科学技術研究センター
教授

内田 聡 東京大学
先端科学技術研究センター
教授